カントン包茎は危険?手術のすすめ

男性の中にはカントン包茎で悩める人もいるのではないでしょうか。
とっくに手術で治したという人もいれば、まだ放置しているという人もいるかと思われますが、放置しているのなら早めに対策することをお勧めします。
カントン包茎は様々な問題がある症状ですが、特に亀頭が締め付けられる状態は危険と言えます。
一応、剥こうと思えば剥くことができる状態ですので、自力でクセを付けて治そうとする人もいるかもしれません。しかし、無理をすると取り返しの付かない状況になる恐れがあります。
問題は勃起をさせた時ですが、カントン包茎の場合、締め付けが強いために剥いた状態で勃起をすると亀頭が締まってしまうことがあるのです。
そうした場合、血液が巡らない状態になってしまいますので、締め付けられている部分が壊死することもあります。
もしも強引に性行為にでも及ぶことがあれば、意図せず包皮がめくれてしまって、とんでもない状態に陥ってしまうことも考えられます。
それでなくとも、包皮をかぶっている状態は不衛生ですので雑菌による影響も受けてしまうでしょう。
そんな状況を放置していても何も良いことがありません。手術を行えば簡単に改善できますから、放置をしたり無理をしたりせず、大人しく手術を受けることが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です